いちねんの終わり

師走というのは何かと忙しい。

でも、私は何となくスキだ。

一年と今までの人生を思い出す。

私物・会社等の年賀状や写真・手紙・保存ディスク等をシュレッダーにかける。

幸せそうに笑う私を見つけた・・・。

隣には優しく笑う彼。

今はもういない。

時間とは本当に不思議な薬なのだ。

辛かった、本当に辛かった。彼を思い出す事にふれるたびに、

憎しみがこみ上げてきた。

そう、あんなに愛していたのに・・てね。

でも、今時間が経ち思う、都合が良いけど

彼を愛していた綺麗な思いしか思い出せない。

愛していて良かったなと思う。

そして、今隣にいるパートナーを見守りたいと思うようになった。

また、一年が終わる。

私は私を一生懸命生きたと思う。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

包み込む心

イヤな夢を見た。

5年以上も前に(曖昧な記憶)別れた元夫が助けてくれという。

私はここにいるから本当に困ったらここにおいでと言っていた・・・。

女は弱いと夢の中で感じた。

同情?愛情?友情?何だろうこの入り交じった気持ち。

大体この手の夢をみる日は

今の夫とのやりたくない行為のあとだったりする。

私は元夫の消息を知らないし、知ろうとしない。

思春期を共に過ごした彼を私は忘れる事はできないのだろう。

私の気持ちはどこに流れるのだろう。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

花火大会

今日は花火大会。

 電車や街には浴衣をきた女の子や女の人が嬉しそうに歩いている。

 友達と恋人ときっとみんなワクワクドキドキしているんだね。

 私も何十年も前に大好きな人と花火を見に行った。

 花火よりも彼といることに緊張してしまい、初めて手をつないだあの日を

懐かしく思い出す。

 何もかもが初めてで沢山の人の中で彼といることに感謝していた。

 あの16才の夏。

 私は忘れないでしょう。

 大切な私の思い出です。

 

 

| | コメント (1) | トラックバック (0)

昔の男

電車の中吊り広告に結婚式雑誌・・。

ふと、昔の夫を思い出す。

今頃何しているのだろう?生きているのかな?とか

今思えば、あの時はあの人しか見えなかったし、大好きだったし、

あれでよかったのだなぁ・・と思う。

そして、彼の子供もいる。

友人に言った言葉を思い出す。

「好きな男の子供だから産めるんだよね」

今、昔の夫が幸せに暮らしていることを祈ります。

そして、もう二度と会いたくない男です。

今でも私の中ではバカヤロウなんです。

| | コメント (1) | トラックバック (0)