ブランド品2

アルマーニはひどい。

バーバリーはまあまあ。

バーニーズニューヨークは最高にひどい。

確かに、バーバリーもアルマーニ、バーニーズニューヨークも有名。

しかし、23区のシャツはひどいね。

もっと酷いのが、購入者が「ブランド」の意味がわからない。

高額だから良いとか、そんなんじゃない。

自分が「好きだから」とか「普通にこだわりだい」

がいわゆる「ブランド品」なのだと思う。

無理して買うならそれは「今の君には必要ない物」

いま、名も知れないメーカーで2万円~10万~20万とする

装飾、衣料品を出す。

私としては「無理して購入するな!」かなぁ。

馬鹿馬鹿しい。

バーバリーて意味わかるのかな?

ミラ・ショーンてどこかわかる?

カルティエて何?

フェンディて何語?

馬鹿らしい日本人に・・・。

「ブランドに踊らされるな!馬鹿見るぞ!」

| | コメント (2)

ブランド品

セリーヌ、プリングル、アカスキュータム、ダックス。
バーバリー、プリングル、フェラガモ、マックスマーラ 
ポールスミス、シャネル、クリスチャンディオール。
エルメス、マックス&コー、アルマーニ
トミー ヒルフィガー、そして、プラダ。

高級ブランド品のほんの一部である。

私の浅い知識の中で高額な洋服メーカー。

ネットは便利になると同時に人間のレベルも下げた。

高級なモノを購入する人はモノが消耗品だという事を知らずと購入する。(人が多いと思う)

失礼ながら、中層以下の人間や若者が

いわゆる「高級ブランド」を手にするのが現実だ。

時計にしても、装飾品にしてもそうだ。

高価なモノを身につける事で自分のレベルとそのモノのレベル(高価な品)が同じだと感じている。

まぁ、モノの価値とはそのようなモノかもしれませんが・・・。

モノは形あるものでいつかなくなる。

消耗品であること。

ブランド物だから良いとかではなく、

自分が似合う、好み、自分の収益に合う。

のが条件なのではないだろうか。

安アパートに住む、フェラーリ乗りなんてのも

おかしな話しです。

また、10代のプラダ女性もオカシイです。

自分がそれに見合った人間かまた、ブランドは本当は何なのか

よく、考えて購入するべきかと

感じてなりません。

| | コメント (0)