西原理恵子さんの本

西原さんは見たこともない人だ。失礼ながら、りえぞうと呼びます・・。

昔、学生時代に読んだ某四コママンガ雑誌で出逢う「ゆんぼくん」

訳がわからなかった。

おばさんになり・・・りえぞうに再び出逢う。

実はりえぞうは実姉と同じ年(近い)

そう、今時の40代は凄いのだ!筋が通っている得体の知れない人間が多い。そして偉く若く見えるのはなぜだろう?

ちなみに私はこういう(わけのわからない)人が大好きだ。

女も男も・・。

いいぞ!40代!て思う。

「毎日 かあさん 背脂編」を読む。

私は15年前に友人を亡くした。

それから人の死に冷静になった。泣かなくなった。

りえぞうの毎日かあさんを読んで祖母を思い久しぶりに泣いた。

「ありがとう」が重なった。

そして「ぼくんち」のマンガで「こういち」の言葉に癒された。

「つらいけど、人はね、神様がゆるしてくれるまで、何があっても生きなくちゃいけない」

私が探していた「表現」だった。

祖母はそして友は神様にゆるしてもらえたんだ。

私も生きなくちゃ!て思いました。

死ぬのも生きていくのも怖い。

でも、生きなくちゃ!

| | コメント (1) | トラックバック (0)

西原さんの本

なんとなく最近はまってるのが西原理恵子さんの本。

昔(10年前)某四コマ雑誌でゆんぼくんを読んでたけど、当時はあの良さにきがつかなかったなぁ・・。若かったのかしら?

ていうかかなり不幸ななんだけど、ある意味共通点があるというか。

あ、男運は悪いほうです。ちなみに。

私から産まれた息子もどうしようもないアポですし。

ネコが最近変です。

人間の女みたいな声でなきます。気持ち悪いです。

発情期なのでしょうか。

キックしていじめたからでしょうか。

研ナオコてよんでます。(さらにネコ機嫌悪いです。)

| | コメント (2) | トラックバック (0)