« 君に少し近づいたよ。 | トップページ | 新学期 »

真心を君に・・・。

翼をたたみ

君たちの前に現れよう

・・・・・素直になりなさい

貴女はどうしたいのですか?

私は強く生きなければいけないのです。

弦が並ぶように

確かな音色と真心を

君に。

そして、貴方に届けたい。

私が現在(いま)を生きることや

出逢った君や

得るものや

失うものや

私がどうしてここにいるのか、

私がなにを大事にしているか、

君に伝わるだろうか・・・。

・・・ねぇ、

本当に好きだとワタシは臆病になるんだ・・・。

それはね、

大事だから。

なくすことがコワイカラ・・・。

・・じゃぁ

つばさをひろげよう。

美しい漆黒の翼を

闇があるように

光があるのだ。

|

« 君に少し近づいたよ。 | トップページ | 新学期 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

らんさん
「翼・真心・つながり」
について考えてみた。

★-
「ひしゃくの魔法」


白夜に
海に沈まない
太陽のように
天に向かって
投げられた親子の
おおぐまと
こぐま座
地上にいたら
殺しあって
いたかもしれない
母と子の熊
二度と危険な
地上には
おりないように
幸せの魔法が
消えないように
朝日に向かって
心の翼をひろげている
白夜に
海に沈まない
太陽のように
用心深く
幸せの魔法が
消えないように
ひしゃくの魔法で
尻尾で

ザブリン
ザブリン

見つからないように
長いシッポを
付けてもらったの

投稿: 海ton | 2008年4月 7日 (月) 10時57分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 君に少し近づいたよ。 | トップページ | 新学期 »