« 君にふたたび | トップページ | 感謝の笑顔 »

君と私

つばさを握られた鳥のように

羽ばたくこと

自由に空を飛び

自然と戦うことを・・・・。

籠に入れられた鳥は

うたい、羽を広げることも諦めて

地をみつめる

時折、格子越しに見える空は

あまりにも懐かしく、悲しく鳥には感じる・・

水面下を飛ぶ

地を見つめ飛ぶ

空を山を海を越え飛ぶ

自分の性をウラメシクオモウ・・・。

・・・・・・・。クヤシイヨ・・・・。

|

« 君にふたたび | トップページ | 感謝の笑顔 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

世の中は、
悲しいことが沢山ある。

結局、ボクが守れるのは、
せいぜい、家のネコくらいです。

投稿: 海ton | 2008年4月17日 (木) 20時34分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 君にふたたび | トップページ | 感謝の笑顔 »