« 約束 | トップページ | 真心を君に・・・。 »

君に少し近づいたよ。

「あんたのその金色の髪は美しいなあ。

あんたがおれと仲良くしてくれたら、

おれにゃ、そいつが、すばらしいものに見えるだろう。

金色の麦をみると、あんたを

思い出すだろうな。

それに、麦を吹く風の音も・・・。」

Saint-Exupery /LE PETIT PRINCE/

私が好きなきつねの言葉なのです。

<愛しているお店でふと、本から目をあげたら・・・

大切なものはおそらく人生の中にちりばめられています。

それに気がついたり、見つけるのが「生きること」なのかなと思います。

「大嫌いよりも、大好き」はなんでしょう?

心で探す意味とか

生きる真理とか

大事なものとか

嫌いなものとか

すべてがあるから私は・・・もう何も要らない。

すべてはすでに用意されていて、

私ったらマヌケだから気がつかなくて。

今頃になってねぇ・・。

人間が言う、虫も草も生き物、動物、物や音や味や感じるもの、

すべてに繋がりがあり、私がそれらと同じで、

探しているそのものなのだろう。

そうかぁ・・・。

・・・・一つ詠いましょう・・・

昼の空

無数の星の

そのなかに

ここにいるよと

さくらがうたう

2008 4/5 tomo

|

« 約束 | トップページ | 真心を君に・・・。 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

らんさんの「大切な」
思い出でしょうか?


ボクも、一首歌いましょう。


『おそ桜
一番めざして
月見(0)ソバ
おぼろまぶして
桜かな』
(海ton山頭火)


自分の想いというものは、
中々相手には分かって
もらえないものだけど、
だからこそ、自分の一番を
大切にして下さいね。
・・0・・
は、ボクの中では、0じゃない。
0は、不動明王だね。


☆★
『金髪の麦に恋してトロロ飯』

・・きつねの言葉
いいですね。

みんな繋がりがある。
その通りです。

投稿: 海ton | 2008年4月 6日 (日) 20時17分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 約束 | トップページ | 真心を君に・・・。 »