« この世の空(くう) | トップページ | エンジェル »

あなたへ・・・。

「椿」

じいさんに

飛行機乗りだと

語られて

生きる強さ

窓に椿

・・・平成のバイク乗りより

先日、詠いました。

幸い本日わが人生の数回あるかないかの記念日でして。

ちなみに「星の王子様」は愛読書です。

一つ詠います。

わが心

見上げた空は

儚げに

小彼岸桜

すみません

・・彼女が指さした桜は早きの彼岸桜・・そう、小彼岸桜という。

私の心に彼女は残る。

謙虚に静かに生きる意味。

そして、激しく生きた証。

貴女の想いは私が受け継続ける。

沢山の魂を背負う事を

そして、繋ぐ事を

命はそれぞれ違うのだ

誰でもない大事な・・・・。

・・・タイトルへ(笑)

|

« この世の空(くう) | トップページ | エンジェル »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

「椿」
は、気に入りました。

想いは、ボクのブログで
書いた通りです。

「小彼岸桜」
こちらは、

らんさんの
友人に対する想い
を感じます。

らんさんは、
こうして、友人に
逢っておられるのでしょうね。

投稿: 海ton | 2008年3月22日 (土) 22時32分

昨夜から雨になりました。

その前にタクシーに乗ったら、同乗の先輩が経路を指示した。

「彼岸桜が咲いているのよ。お花見してから行きましょう」

そういって、走った道の両側には満開の桜。
車窓から今年初めてのお花見しました。
ソメイヨシノよりは少し色の濃い彼岸桜は、今盛りですね。

誰かの想いを受け継ぎながら、生きていくこと。
今見ている桜の花は去年とは違うものだけれど、
同じ樹に咲いて、同じ想いを受け継いでいる。

命はそれぞれ違って、それぞれ大事だけれど、
ぽつんと一つあるわけじゃない
続く命…なんてことを、考えてしまいました。


投稿: はづき | 2008年3月24日 (月) 01時38分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« この世の空(くう) | トップページ | エンジェル »