« 心の洗濯 | トップページ | ブログの意味 »

自然のお知らせ

ここのところ、空気が変化したなぁと思う。

東京の大気は先週末の強風(春一番)から、木々はその前から春を告げていた。

私は幼少からクルマ酔いが激しいので、よくクルマの窓を開けていた。

そりゃもう、高速道路で意地でも開けてて家族に文句言われましたが・・・。

それだけに空気というか匂いに敏感でここからは他県だぁ(これ本当!空気が違う。)

とクンクンしていました。

バイクに乗るようになると季節の変わり目まで何となくわかるようになる。

私は冬・特に2月の空気が苦手綺麗なモノもあるけど、この2月から春になりそうな空気の切れ目がとても嬉しい。

だから、梅の花も好き。

友人のブログで一句詠ったので

梅の花 ぼけっとみてたら 往復ビンタ

考えるより 動けってサ

~強風にあおられて空を見つめると
誰かがそう言ってるように感じた。
その誰かってきっと私の中の生きる力なのでしょうね~

|

« 心の洗濯 | トップページ | ブログの意味 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

空気の香りが
分かるのは、特技ですね。cloud

らんさんの短歌より、
ボクも歌ってみました。

「素直に生きよ」


甘茶かけ
天にも地にも
我が猫よ
手をかけ過ぎて
引つ掻かれてる


>我慢しててなんになるの?
>自分に嘘ついて生きてるって素敵なの?

「猫は、我慢しない。嘘をつかない」

・・我が家のオス君は、我慢を知っている
らしい・・のだが、猫らしくない。
cat

「出来すぎて、おるのう」
・・家の主よりも、かしこく振舞うなよぉ。

つうことですwbearing

投稿: 海ton | 2008年2月27日 (水) 21時19分

先日、病持ちの友人と京都の神社仏閣巡りをしました。

うっそうとした杜の中の匂いと、山門を出て道路に面した時の匂い。
数十メートルしか離れていないのがうそのようでした。

京都の梅は三分咲き、雪も残ってまだまだ寒い。だから、どの寺も閑散としていて、のんびり拝観できたのは幸せでした。

我が家のベランダの梅は全開、カリンの新芽も出てきました。

いくつもの別れを乗り越えて、新しい季節に歩き出せってことですね。ビンタの句、心して読ませていただきました。

投稿: はづき | 2008年2月27日 (水) 22時21分

ちょっとごぶさたでした。
春のニオイ、ふとした瞬間に感じるんだよね。私も昔から大好きでした。北海道の春はもっとずっとあとなんだけど・・・
北海道は真冬はちょっとバイクには乗れないんだけど、もうね、ギリギリまで乗って、ギリギリから乗るの。
乗り納めのときは雪がちらついていたりして。
で、乗り始め、最初の最初に地面から足を離して走り始める瞬間の感じは言葉では言い表せない(らんちゃんならきっと素敵な句にしちゃうんだろうな)
これは長い冬バイクに乗れない北海道ライダーの特権なのかも?
(関係ない話になってしまった)

ところで「あしんめとりー」は全然更新していないくせに、新しく「お仕事ブログ」(っぽいもの)を作りました。
よければ一度のぞきにきてください^^
当面はこちらを中心に更新していく予定ですが(ocnブログって激しく使いにくいし^^;)、おもいっきりプライベートなことは、やっぱり「あしんめとりー」に書いていきたいと思っています(いつになったら更新するんだよって言われそう^^;)

投稿: かこ | 2008年2月27日 (水) 23時49分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 心の洗濯 | トップページ | ブログの意味 »