« 一瞬の奇跡 | トップページ | パラサイト~寄生する意味~ »

雪の降る東京にて

P1010413 窓越しに 降る雪見つめ 手を出さん

その冷たさは ネコにわからず

何度見ても猫が降る雪をとけるような熱いまなざしで見つめている姿を見ると可笑しくって笑ってしまう。

思わず手も出てしまうのだからなおさらです。

そんな姿を見ていると

「いいなぁ」と思う。

動物は確かに人間ほどの知識や学習力は少ないけど、ある人がいうように

大事なことはちゃんと知っているように見える。

人間を観察していると思う。

人は一人では生きられない。

衣食住最低限度でもどうしても生活するには誰かに関わらないといけない。

お金を出すから偉いのか、無料だからいいのか、言葉使いが丁寧だからいいのか、

この世の中はそのことだけではないように思う。

相手を思うココロはお金でも物でも買えないし、変えることもできない。

私の仕事は人生の総決算のように

行く先々で

気がつかされる

人も動物も同じなんだ。

魂の触れ合いを求める。

そして、動物と違うのは

「思いやり」という言葉を知っていること。

人間というのは本当はとても素晴らしい生き物なんだと思う。

***追伸***

数十年ぶりに「アルジャーノンに花束を」を読み返した。

そして、「一期一会 フォレスト・ガンプ」を観た。

私が一人で生きてきただけだったらこれらの素晴らしい事を知ることはなかっただろう。

今までも

そしてこれからも

出逢った・・そして出逢う人たちに

親愛なる気持ちをこめて・・・・・

私に出逢ってくれて

ありがとう・・・。

|

« 一瞬の奇跡 | トップページ | パラサイト~寄生する意味~ »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

うちのコと同じ、茶トラさんですね。

なつかしい…。

投稿: はづき | 2008年2月11日 (月) 21時40分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 一瞬の奇跡 | トップページ | パラサイト~寄生する意味~ »