« 人間のさだめと愛の形 | トップページ | 折り返し地点 »

ヘアースタイル

今年の初めの自分の写真をみる。

いい年齢で金髪ショートヘアの私。(ここ数年金髪ヘアーだった)

現在・・師走になり、鏡をみたら、

黒髪の昔のおばちゃんパーマヘアー。←結構周りでは受けがいい。(?)

どうして金髪にしていたのか?とある母親から聞かれた。

彼女の子どもも金髪にしているから疑問に感じたのだろう。

反抗心だったり、ファッションだったり、流行りだったりすることもあるが、私の場合は

「相手を警戒しているサイン」そして、唯一の「自己防御方法」だったのかもしれない。

あとは気合かな・・。

以前の仕事はうさんくさいお客(いわゆるクレーム客)を相手にしていたから、少しでも見かけで勝負しないといけない。(弁償とかになると会社の損害になるからね)

とにかく、見た目で優勢になるならと思い、知らず知らず怖そうな人になった。

思えば顔つきや目つきも非常にきついかったなぁ・・。

今はもう警戒しなくていいかと思うようになったら、自分で黒髪に戻して、

仕事するうえで邪魔にならないようにそして、今の自分に似合う髪形と思うようになった。

見かけと心の違いはあるけど。

私の場合は心が少し優しくなれたから、金髪とか茶髪をやっと卒業できたと思う。

うん、やっぱり人間は見た目もすこーしは大事だけど

やはり、心だね。

ココロが姿形を作り出すのかもね。

しかし、夫は「似合っているね!」とかすんなり言えないのかしら?

周りの知り合い(男も女も)は「可愛くなったねー」と言ってくれるのにねぇ。

似合ってないのかしら(^^;

ああ、わからない・・・。

|

« 人間のさだめと愛の形 | トップページ | 折り返し地点 »

「心と体」カテゴリの記事

コメント

私は、誉めるのが不得意です。
仕事関係のことなら、ちゃんとできるけど…。
あ、その服かわいいね、とか、髪型変わったんだ
なんて、さらっと言えない。
そんな風に言われると自分が恥ずかしくなってしまうからなんだけれど。
言えなくても、思っていることはありますよ。

服装や髪型、化粧で、自分を守ることってありますね。
構えなくなって、染めて傷んでいた髪の毛にも、らんさんのつらかった心や体にも、いいコトだったんでしょう。
だから、きっと、似合ってて、かわいくなっているだよね。


投稿: はづき | 2007年12月17日 (月) 23時25分

私は茶髪が好きです。今も少~しだけ茶髪です。歳だから誤魔化すためかな(笑) でも若い子たちの自由な髪型や髪の色はうらやましいかも。自分の場合、というか社会人なら制限される部分が多いし。あくまで出来る範囲、好きな髪型や髪色でいるのはファッションの観点からはいいですね。自己表現は他に理解されなくていい。ファッション、バイクの走り、ポリシー・・・ 私は頑固に自己表現し続けます。誰も見ていなくても、それが自分だから。

投稿: ととろ | 2007年12月26日 (水) 21時55分

はづきさんありがとう。
うん、辛いね。
でも、はづきさんや他の方にコメントを頂きもう少しガンバロウかな?て思う。
どうもありがとう。
ととろさん、コメありがとう。
私は茶髪を経て金髪にいきました。
茶髪や金髪は日本人にはどうも不似合いですね。
そして、白くなる。
あるがままを受け入れることの抵抗とでもいいますか・・。
身なりカッコ、頑固さを表す方を見ています。
頑固な方は長生きしますから良いか悪いか逝くときにおのずとわかるでしょうね。
あと、プライドはあって無いようなものですよ。

投稿: らん | 2007年12月27日 (木) 19時34分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 人間のさだめと愛の形 | トップページ | 折り返し地点 »