« 孤独 | トップページ | 本と私と希望 »

女神の後ろ髪にしがみつく私

ヒトは生まれてくる

そして、ヒトはいつの日か必ず死ぬ。

そんな当たり前のことを病気や老いに直面すると受け入れられなくなる。

死ぬ事が怖くなる。

私は人には寿命があること、そうなること、があるのだと思う。

出会いや別れもそう。

すべてが等しく時間が流れる。

私は少しでもいや、ほんの瞬間でもいいから

貴方の笑顔が見たいと思います。

音楽で貴方が喜び、笑えるなら下手でもなんでも歌いましょう、奏でましょう。

そして、人として生を終える時に

ちょこっとでも楽しかったと感じてくれたら、

私は嬉しい。

私はそういう介護の気持ちを死ぬまで持ち続けたい。

初心忘れべからず。

どこまでいけるかわからないけど、今回は大丈夫な感じです。

友人達・家族に感謝しています。

チャンスをくれてありがとう。

|

« 孤独 | トップページ | 本と私と希望 »

「心と体」カテゴリの記事

コメント

介護の仕事は単に「仕事」のひとことでは言い表せないですよね。ホスピスを兼ねた老人ホームなどはとくに難しいはずです。ご自分の最期をそこで終えるわけですから・・。なので老人虐待などをしてしまうスタッフの問題が事件になると、私も心を締め付けられ胸が痛くなります。家族関係もそれぞれですので、あまり生意気な事は言えませんが、家族が全く面会にも来ない場合などはむしろ、スタッフやお仲間が家族のようなものになるのかな~って思います。らんさんの想いが痛いほどわかりますよ。我が家も年寄りがいるのでね!らんさんのできることで良いんですよ。音楽(歌)で和ませてあげられますよ。昔話や地域にちなんだ歌も沢山ありますので、お話したあと歌に結びつけたりね♪ハスキーボイスになっちゃうくらい歌ってあげてよ。それから、この前の<女の子だもんね>について・・。わかるわかる~って感じで読んでました。最近、未来予想図が映画化され、それがきっかけで懐かしくなってTSUTAYAでシングルレンタルしたんだけど、いや~思い出す・思い出す!!ちなみに私は高校生の時が一番輝いていたかな☆なんであんな一途に恋してたのかな??こんな事主人には言えないよね(笑)恋に限らず、高校時代は思い出がありすぎてね。だから友達に会うとその日一日は高校生気分になっちゃうんだ!おばちゃんになっても乙女心健在(笑)らんさん頑張ってね!


長くなってごめんね。

投稿: キラキラ星 | 2007年12月 1日 (土) 12時01分

アハハ・・・、
キラキラ星さん、コメントありがとう。
私のできることをしますよ。
私がこの仕事をしてはじめてのターミナケア(終末期介護)経験をさせて頂いたんだ。
いや、まだまだ、そこまでいえないけどね。
そして、
大切なメッセージを伝えてくれた。
もう、忘れちゃいけないことなんだ。
ありがとう。

投稿: らん | 2007年12月 3日 (月) 19時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 孤独 | トップページ | 本と私と希望 »