« 夢 | トップページ | 大切なものは目にはみえない »

歴史という・・・・・

今日は病院に行く日だった。

担当医とセラピーの先生。いつも事務的な担当医のから「仕事はじめて大丈夫ですか?」

と言われた。驚いた。お医者さんは薬を出すだけにいるのかと思っていたから・・。

ありがたいなぁーと感じた。

セラピーの先生も優しいし、私は幸せなんだなとしみじみ感じた。

これから私はまるで違う・知らない世界で仕事をし、生活をしようとしている、

でも、沢山の人に支えられて毎日を過ごしていけるのかなと感じた。

それはお世話をさせて頂いてる人たちから教えてもらった。

怒涛の時代を生き抜き、気高く、素晴らしい人達、私たちは現実に何も知らなすぎる事を

言葉ではなく、命で教えて下さる。

ありがとうございます。

「自分にできる事をしなさい」と貴方は言われました。

ガツンときました。

さすが、大正の女は気丈なわけです。

貴方に私にできることは「何もない」です。

ただ、貴方の知らない間に歴史を学びます。日本を世界を知ります。

貴方のおかげです。

貴方の命、繋ぎ、紡ぎます。

|

« 夢 | トップページ | 大切なものは目にはみえない »

「心と体」カテゴリの記事

コメント

自分に出来ることをする…。
それが大切なのでしょうね。

誰かのために何か出来る、してあげる…
なんてたいそうなことを考えず、

自分の回りに支えられていることに気づき、
感謝していくこと。
自分に出来ることをすること。

自分が学ぶことや、知ることも
私にしか出来ないことだから。

またひとつ、勇気をもらいました。
ありがとう。

投稿: はづき | 2007年11月13日 (火) 21時30分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 夢 | トップページ | 大切なものは目にはみえない »