« 人と話する時はヘッドホンは外しなさい! | トップページ | ネコの好み »

ともだち

ブログの友人が山形の杉の話をしてくれた。

私は11年前に訪れた青森のブナの原生林を思い出した。

記憶は薄れず鮮明に残る大気の流れや木々の声、川の流れ・・。

バイクツーリング中の私一人、

イグニッションキーをオフにしてすべてが体に流れてきたあの感覚。

今さらにすべては紡ぎ繋がり生きてるのだなと感じる。

おそらく数百キロも走行し、一人だった中に自然は私を受け入れてくれたのだろう。と

思うのです。

目を閉じれば鮮明に思い浮かぶ、忘れかけていた感覚を友人は思いだしてくれた。

ありがとう。

そして、あるブログで知り合った、強く生きようとしている女性。

彼女もブログ上ですが出会えて感謝してます。

彼女は、自分よりもほかの人を大事にしています。

ほかの人を大事に思いやる心があり、相手の立場になり、心を痛めることができます。

だから、自分も大事にできると思います。

優しさは悪くないと思います。

大切にしてほしいです。

そして、私は・・・自分じゃわかりませんが、やはり人に親切にしたいです、

それは、自分がその人の立場になったらこう思うという信念があるからなのでしょう。

頑固なのかもしれません。

優しさは素晴らしいものを生み出すと感じます。

辛さを知っている人だからこそ、優しさの意味を知っているのかもしれませんね。

|

« 人と話する時はヘッドホンは外しなさい! | トップページ | ネコの好み »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

らんさん、こんばんは。

私は大自然の中に立つと、そうした自然から切り離されてしまっている自分を意識してしまいがち。仕事はそういう方向だったし…。

でも、らんさんが言うように1500年生きてきた木は、私を拒絶した感じではなかった。
言われてその感覚を思い出しました。
また、一つ、言葉の贈り物をいただいたような気がします。
ありがとう。

青々とした葉、枝から伸びた宿り木の若緑、ざらざらとした幹の表面の様子。
ちらちらと日影がゆれる地面の湿り気も、目を閉じれば浮かんでくるのに、どうして気づかなかったのかなあ。

心の目をフラットな状態にして、物事を受け止めたい。そういうしなやかさを持ちたい。
優しさや強さって、そういうこととも関わるんじゃないかな。


投稿: はづき | 2007年8月26日 (日) 23時47分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 人と話する時はヘッドホンは外しなさい! | トップページ | ネコの好み »