« 昨夜のゆめ | トップページ | 児童虐待 »

日々の育み

病院の待合室で

60才くらいのおじさんに声をかけられた。

何気ない会話。

病院にいるということはなんらか病気を抱え心も体も弱くなっている。

私は神経科でうつ病・パニック障害、おじさんも神経科ときかななったけどアルコール依存なんだと思う。

あんたも病気長いのかいなんていわれて、あはは・・とお互い笑う。

みんな孤独なんだなぁ。

おじさんとまたねと握手をして別れた。

もし、私がこの病気にならなかったら、この時間にいなかったら

出会えなかった。

出会いや別れは奇跡なんだなと小雨の中感じたと感じた。

私は日々の営みや生きていくことを学びたい。

出会いも別れもそれが生や死であっても。

そして自分というものが奇跡の塊なんだと感じるようになりたい。

|

« 昨夜のゆめ | トップページ | 児童虐待 »

「心と体」カテゴリの記事

コメント

漫画家の「吾妻ひでお」さん。
知っていたのですか!

そうか、あの人、
「描くことにストレス感じて、
ホームレスになって、そのことまた、
マンガに描いたからね。。」

僕は本屋で立ち読みしちゃった。

「自分を見つめ直すのに、良かったんだね」


…遅くなりましたが、
コメント頂いて、ありがとうございました。


>自分というものが奇跡の塊なんだ

って、すごい発見です。
勉強になりました。

僕も猫好きです。
また、遊びに来ます。

投稿: 海ton | 2007年7月11日 (水) 10時29分

昨日から、PCに嫌われているのかコメントの途中でエラー起こして消えてしまいます。
持ち主の体調と連動しているのかな…。

コメントありがとう。
今日の記事も「ほらっ」ってちょっとした元気のボールをもらったような気がします。

私も昨日仕事帰り20時に病院へ寄りました。
こんな時間までやっているので、待合室にはいかにも調子悪そうな患者がいました。

私もその一人かな。
微熱があって、口内炎が治らなくて、お腹が痛くて…。
エコーで見ると数カ所での炎症反応。検査でも白血球が増えているし、過労やストレスで抵抗力が弱って細菌に感染しやすくなっているからだろう。もう少し悪くなると入院だと脅されました。

病気にならなきゃ、限界を超えつつある自分に気づかず、仕事の能率が落ちていることにめげていたところです。無理しすぎて、一人で空回りしていました。

自分という「奇跡の塊」をもう少し大切にしないと、他人も大切にできませんね。
肝に銘じます。

投稿: はづき | 2007年7月11日 (水) 23時21分

おじさんと触れ合えて、よかったですね!
なかなか私はバリアを張ってるのか、そういう出会いに恵まれません。
らんさんはバリアを解き放ってるから、出来るのかな?
自分というものが奇跡の塊なんだと感じることが出来たら、きっとそれが病気をいい方向へと導いてくれるんでしょうね。。。
そういう育みを、これからも一緒にやっていきたいですね!!!

投稿: かずな | 2007年7月12日 (木) 23時39分

仏様の教えにしたがった素晴らしい人生を歩まれています。若い女性がおじさんと握手できる心は、悟りの粋に入って素敵になられていまいす。
ご縁が重なって幸せになります。きっとおじさんはアル中から解き放されるでしょう。信じてあげましょう。

投稿: 凡夫 | 2007年7月13日 (金) 21時15分

こんばんは。

エールのコメントありがとうございました。
いっぱい休みたいですが、休むのには勇気と体力がいる気がします。

うちでは朝にカリカリを出します。
私が帰る時間が不定時だから、戻るまでのごはんになるように多めに出しておく。
帰ってきてから缶詰をあけて、チーズとかおかかとか、晩ご飯や夜食を一緒に食べることにしています。

おばあちゃんネコになっても、歯が丈夫なのはいいですね。
うちのコたちの晩年は、歯槽膿漏や歯肉炎で食事が取れなくなってしまいました。固いもの食べさせるのは必要です!

投稿: はづき | 2007年7月23日 (月) 22時08分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 昨夜のゆめ | トップページ | 児童虐待 »