« 2007年3月 | トップページ | 2007年5月 »

前向きに

仕事を辞めた。

数年前離婚して子どもと生きていく為に

親やきょうだいが経営している会社に勤めた。

そして、再婚した。

仕事は親の為、きょうだいの為、と自分に言い聞かせて勤務し続けた。また、自分も仕事をしないと落ち着かないだろうと思っていた。

2代目になる兄の素行が許せず、半年以上だろうか・・、

うつだと思い、精神科に通う

昼間は精神安定剤を飲み、

夜も眠れず

今年からは睡眠導入剤を飲んでやっと眠れるようになった。

朝は薬が効いてくるまで会社に行く気になれなくなっていた。

私は「本当は重度のうつ」だと辞めて気がついた。

会社を辞めるとき兄には「異常者」と言われた。

私は疲れたようです。

そして、生まれてきていよいよ、今いた家族から飛び立つのだろう。

今までは何か、えたいのしれない物が

羽ばたく足を押さえていたように感じる。

後悔もしているし、実の親ときょうだいと「縁」を切ったのだろう。

そして「よく頑張ったね」と

いつか自分が思えるように。

自分で決めた事だから。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

命日と誕生日

尾崎豊という人間がこの日に亡くなりました。

私の友人はこの日に生まれましたが

18歳になる前にこの世から去りました。

だから、4月25日は私には・・・・やっとココまで生きてきたのだなぁ

と思う日です。

人生は大変です、楽しいこともあります。

でも、悲しくて、辛いことが多く感じます。

今も、尾崎豊が歌います。

「君が生まれてきた喜びに 君が包まれるように

今日という日を祝うよ Happy birth day to you」

おめでとう。

オタンジョウビオメデトウ。

貴方に会えて私は良かった。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

ブランド品2

アルマーニはひどい。

バーバリーはまあまあ。

バーニーズニューヨークは最高にひどい。

確かに、バーバリーもアルマーニ、バーニーズニューヨークも有名。

しかし、23区のシャツはひどいね。

もっと酷いのが、購入者が「ブランド」の意味がわからない。

高額だから良いとか、そんなんじゃない。

自分が「好きだから」とか「普通にこだわりだい」

がいわゆる「ブランド品」なのだと思う。

無理して買うならそれは「今の君には必要ない物」

いま、名も知れないメーカーで2万円~10万~20万とする

装飾、衣料品を出す。

私としては「無理して購入するな!」かなぁ。

馬鹿馬鹿しい。

バーバリーて意味わかるのかな?

ミラ・ショーンてどこかわかる?

カルティエて何?

フェンディて何語?

馬鹿らしい日本人に・・・。

「ブランドに踊らされるな!馬鹿見るぞ!」

| | コメント (2)

ブランド品

セリーヌ、プリングル、アカスキュータム、ダックス。
バーバリー、プリングル、フェラガモ、マックスマーラ 
ポールスミス、シャネル、クリスチャンディオール。
エルメス、マックス&コー、アルマーニ
トミー ヒルフィガー、そして、プラダ。

高級ブランド品のほんの一部である。

私の浅い知識の中で高額な洋服メーカー。

ネットは便利になると同時に人間のレベルも下げた。

高級なモノを購入する人はモノが消耗品だという事を知らずと購入する。(人が多いと思う)

失礼ながら、中層以下の人間や若者が

いわゆる「高級ブランド」を手にするのが現実だ。

時計にしても、装飾品にしてもそうだ。

高価なモノを身につける事で自分のレベルとそのモノのレベル(高価な品)が同じだと感じている。

まぁ、モノの価値とはそのようなモノかもしれませんが・・・。

モノは形あるものでいつかなくなる。

消耗品であること。

ブランド物だから良いとかではなく、

自分が似合う、好み、自分の収益に合う。

のが条件なのではないだろうか。

安アパートに住む、フェラーリ乗りなんてのも

おかしな話しです。

また、10代のプラダ女性もオカシイです。

自分がそれに見合った人間かまた、ブランドは本当は何なのか

よく、考えて購入するべきかと

感じてなりません。

| | コメント (0)

ネコと都知事選

なかなか難しいのが、

ネコのおもちゃ選びと東京都知事選び。

マンガ雑誌でマタタビボールで喜んでるネコがいると読み、早速購入した、

しかし、私が買ったボールは鈴が入っているのでうるさくてかなわない。

今のところ、ネコナンバーワンは「ネズミちゃん」

小さい釣り竿みたいなものに赤い糸でネズミちゃんがついている。

若いネコ達は大騒ぎ、「自分が捕まえるぞ!」と鼻息荒く追いかける。

また、紐と竿のないねずみちゃんもあり、

朝目が覚めると

枕元に2・3匹ネズミおもちゃが転がっている。

多分、遊んでほしくて持って来たのだろう。

さて、本日4月8日は都知事選挙です。

個人的に現東京都知事には交代をしてもらいたい。

ていうか、I氏がどうして立候補するのか理解できないです。

その有り余る情熱他にいかして、美しい名誉を得てほしいです。

まぁ、名誉というのは肩書きでしか得られない「美しい国・日本」なのでしょう。

「格差社会の象徴」とも言える「平成の内閣総理大臣」なのでしょう。

そして、格差というものは必然なのです。

子どもの世界でもそうです。

渋谷で遊ぶ女子中学生とその親。

名門私立女子中学生とその親。

挨拶のできる子ども、できない子ども、その親。

当たり前を当たり前とおもうのは間違いです。

当たり前が思いやりになるように。

「当たり前の社会はもうやめましょうよ・・・。」

地球には人が増え過ぎましたね・・・。

| | コメント (0)

眠り

私は眠りに入る方法を知りたい。

子どもの頃からなのだが、眠りにつくまでに非常に時間がかかる。

どんなに疲れていても、

眠る事が上手できない。

お酒を飲んで寝ても眠りが浅くなり、夜中に何度も目が覚め、

レム睡眠中に見た夢を思い出し、

更に眠れなくなる。

「神経質」と言われた。

「訓練で眠れる」とも言われた。

すっと眠れる人が羨ましく思う。

眠るまでの時間はキライだ。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2007年3月 | トップページ | 2007年5月 »