« 花火大会 | トップページ | 障害者と健常者 »

母なる海

自分の思ったことを上手く言葉に表す事ができない。

それは昔から。

表現力がないからと思う。

色々な言葉を知り、経験をつめば自分の素直な気持ちを表現できるのだと

思っている。

私は今、自分の気持ちと逆の言葉を発している。

守りたくないモノを守ると言い、

大切じゃないモノを大切にすると言い。

「自分の為」と自分に嘘をつく事。

誰か教えて下さい。

自分に嘘をついてまで損得の得を得ようとしている私は

美しいですか?

流れる河のように、

満ちてはひく海のように

生きていくことは私にはできないのでしょうか。

母の体内の温もりを

心安らぐあの瞬間を

今も探しているのかもしれない

|

« 花火大会 | トップページ | 障害者と健常者 »

「心と体」カテゴリの記事

コメント

らんちゃんの文章は、ときに哲学的で、ときに詩的で、美しいと思う。
言葉、ではなくて、表情で、行動で、伝わってくるものもある。
(だから、学校を、教師を拒否しているウチの息子も貴女が大好き)
私はいつも理詰めで、理屈でしかモノが書けない。
すぐに理屈でモノを言う。
感じたことを、うまく言葉にできなくて、無理やり言葉にしようとするから陳腐なだけのものになる。
もう少し、心で感じることを大切にしたいな、と思うのだけれど・・・

みんな、大なり小なり、自分の心に嘘をついて生きているね。
ときにそれは必要なことかもしれないけれど、嘘をつきすぎると苦しくなるね。
私もちょうど、そんなことを考えていたんだ。
お互いに、もうちょっとだけ、自分の心に素直に、楽に、生きられるようになるといいね。

投稿: かこ | 2006年7月31日 (月) 23時00分

思ったことは言葉にすると心と違うものになることが多い。
うまく伝えられないもどかしさ。
私も感じます。
小さい頃から自分の気持ちを伝えるのは下手くそで、
考えているうちにどんどんわかんなくなっちゃう。
黙っていては伝わらないからと、いっぱい考えて口に出した瞬間、やっぱり心と違うものになる。

上手に出来たと思ったのに、やっぱりうまく行かなくてちょっと暗くなったり。
感情の満ち引きは海の波と一緒。

らんさんも海のリズムで生きているんじゃないかしら。

投稿: はづき | 2006年7月31日 (月) 23時00分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/24408/2880283

この記事へのトラックバック一覧です: 母なる海:

« 花火大会 | トップページ | 障害者と健常者 »