« 2006年2月 | トップページ | 2006年4月 »

ありがとう

飼い猫に癒されています・・・。

仕事前・家事・食後のひととき・・・、猫たちをこねくりまわして一人喜んでいます。

子供の頃、猫が飼いたくてたまらない私は野良猫を拾ってきては

自分の家じゃ飼えないからって隣の家にみんな放してた・・。

でも、隣の家のおばさんも猫と私が好きだったらしくて野良猫を可愛がってくれた。

クルマにひかれてグチャグチャの猫も拾ってくれた・・・。

きっと天国で猫たちと私を待っていてくれるのだろうな。

先日、息子お母さんの子供の頃の夢は何だったの?

と聞かれてふと答えた。

猫を沢山飼う事!夢叶ったみたい!

猫のあの眼差し・仕草・体つき・行動・・、すべてが私の心を癒してくれる。

動物が好きで、猫が大好きで良かったなと思う今日この頃。

感謝しています。

すべての生き物に・・。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

お彼岸 「命と愛」

自分の誕生日とお彼岸が重なるのは何かのご縁です。

一生懸命生きる人には愛をそそぎ生きるものがいる。

生きてる事は一生懸命なんだと私は思う。

どんなものにも命があるとよく言いますが、そう通りなんだよね。

野に咲く花や草、木・植物。そして動物たち。・・・私たち人間。

そして、それを抱える地球という命・魂たち。

膝の上でくつろぐ小さい生き物も、目に見えない生き物たちも等しく愛していきたいと思う。

それは私以上に大きなものに育まれて、そして私もその一部なのだから・・。

人は死んだら土になると今のパートナーが言った。

そうなの?ただそれだけなの?

もっと大きなモノと一つになり、きっと今よりも幸福になるのだと思う。

この地球上の生き物と一つだと思う。

そんな事を隣にいる今のパートナーに話す気もない。

私は一生懸命生きる小さい生き物が好きだ。

昔手の中で死んだ子猫は重かった。

一生懸命生きて、ないて、死んだ。

私は忘れないし、自分が死ぬ時が彼らに会える時なんだと信じている。

それまで命のある限り・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

お香

先日、スリランカの友人が帰郷するのでお餞別を渡し、

お土産にお香を買ってきて!

とお願いした。

無事に日本に帰国(?)してきてお土産のお香を早速焚いた。

今お香は日本でも流行なのかドンキや100円ショップでもよく見かける。

彼女が買ってきてくれたお香は素晴らし!

色々なお香のセットでした。

なんというかインド、スリランカネパールを思い出す。

お香はリラックスする。

子供もさすがに慣れたらしい・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

好きな物

今日、J-WAVEを聴きながら・・・。

テーマ 「ジャンクフード」

私はケンタッキーフライドチキンが好きダー!!と言い切る。

週に一度食べないと禁断症状?がでる。

ちなみに息子は寿司のほうが好きだし、だんりんはマックが好き。

家はバラバラ家族だぁ!

さて、今日は子供の居ぬ間に三番目に好きな水泳。(二番目はワイン)

とりあえず40分間泳ぎまくり。

それでケンタッキー食べてりゃ意味ないけどね。

今日はよく寝られそうだ・・・・。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

息子とタンデム

バイクの免許を取得して・・・、もう16年・・。

いやぁ・・年を感じると共に相変わらずな自分を嬉しく思うのも年かしら・・・。

数年前から息子を乗せて保育園やら遊びやら連れ回し、

バイクのマフラーで火傷もさせたし・・、寒い雨の中も後ろにのせたな・・。

いくつまで私のバイクの後ろに乗るのだろうか。

いつか・・・一緒にツーリングしようか?なんて言うのだろうか。

しかし、バイクは一人で乗りはしるものなんだよね。

頼むから後ろに女は乗せるなよ、

一緒にはしってくれる相手を見つけておくれ

と母は思うのでした。

君の父もどこかで誰かと走っている事を願うが・・・。

私は相変わらず一人で独り言を言いながら

走り続けるよ。

同じ姿勢を保つのは本当に大変なんだけど、

とても素敵な事なんだよね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

梅干しと赤ワイン

ということで

驚きの方もおりますが!

「梅干しとワイン」は非常に合うのです。

ちなみに手作りの梅干しでお願いします。

既製の梅干しだとえぐい感じです。

どうしてだかわかりません。

でもね、ワインと梅合うんです。

お試しを・・・。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

病院の待合い室

病院の待合い室は静かにしているものだと思う。

親子連れ(母親年齢不詳・子供5~6才位)が来た。

子供はビービーとうるさいゲームをしていた。たまりかねてその子供に

「うるさいから音を小さくできないのか?」と聞いたけど「できない!」で終わり。

母親は知らんぷりしていた。(まぁ、神経科にかかる位だから普通じゃないのだろう)

不愉快に思っている人は沢山いただろうな。

しかし、大人も親も注意しないこの世の中だめだなこりゃ・・・と思いました。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年2月 | トップページ | 2006年4月 »